So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

稲井石 [素材]

昨日は久しぶりに石巻のアベタ石材さんにお邪魔してきました。
お願いしていた袴石を受け取りに。
玄関先の独立柱の柱脚に使う予定です。
ひとつひとつ形が違って、手の跡が残る様はたまりません。

image-20161007075512.png

image-20161007075520.png

nice!(0)  コメント(0) 

ひまわり油を求めて三本木町へ。 [素材]

20110303-043.jpg

普段木部の塗装には植物系のオイルを使っています。

できれば塗料も地元のものが使えないかなぁと

ずーっと思っていました。

『三本木町のひまわり油』

以前から聞いて知ってはいたのですが

なかなか行くことができず、

今日ようやく願いが叶いました。

三本木総合支所産業建設課の担当の方にいろいろ説明してもらっちゃいました。

(忙しいところありがとうございました!)

上の写真は我々が良く目にするタイプのひまわりの種

これは種の中のナッツが食用になるタイプ

20110303-042.jpg

そしてこちらが油用の品種。

用途によって品種が違うなんて今日初めて知りました。

良く見るタイプと違って真黒なんすね。

20110303-045.jpg

まずはこの機械でひまわりから種を取ります。

円状のものが回転して

そこにひまわりを押し当てるのだそうです。

直球っすね(笑)

20110303-041.jpg

そしてこの機械で圧力をかけて油をしぼりとります。

20110303-039.jpg

しぼった油をこの機械でろ過します。

20110303-040.jpg

するとこんな綺麗な油が!!

今回はこの段階の油を荒井の家の床に塗る予定。

食用にするにはここからさらに脱臭脱酸の機械にかけて瓶詰めに。

まさになにも足さずなにも引かず

ひまわりの種だけ。

すごい。

惚れました。

事務所に戻って木の切れ端に塗ってみたのですが

塗りやすい!べたつかない!ほとんど匂いもしない!

これいいかもです!

ちょっと一人で興奮気味の由利でした(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

高畠石と深山和紙を訪ねて。 [素材]

20110127 002.jpg

山形に家を建てるなら

山形の素材を使いたい

古民家ライフの高木大工とともに

高畠石と深山和紙の素材探訪の旅

やっぱり雪国ですね 白銀別世界でした

20110127-3 002.jpg

高畠石は玄関ポーチ独立柱の袴石

浴室と勝手口の床の敷石

に使われます。

秋保石と兄弟分の凝灰岩でやさしく

表情豊かな石です

深山和紙は山形県の無形文化財にも指定される

昔ながらの工程で一枚一枚手漉きされる

大変貴重な和紙です

多くの書家や芸術家に愛されています

今回は和室床の間の壁を飾る予定です

ただの石や紙かもしれません

でもそれぞれちゃんとストーリーがあります

地元の魅力的な素材を

すこしづつでもみなさんに知ってもらえたらうれしいと思います

山形の嶋の家は 3/12(土) 13(日)に完成見学会の予定です

詳細が決まりましたらご案内しますね

ぜひそれらの素材に直に触れてみていただければ

幸いです

20110127 024.jpg

あまりにうつくしい雪の海に

たまらずダイビングしたのでした


nice!(0)  コメント(0) 

高畠石 [素材]

20101113-008.jpg

先日嶋の家に使う石を仕入れに高畠へ行って来ました。

その名も『高畠石』。

20101113-013.jpg

山形の家には山形の素材を使いたい。

いつもその産地に出向いて直接話を聞くことにしている。

今回はこやな川さんにお世話になります。

山形にも素敵な素材がたくさんある。

次は『深山和紙』を見学に行きたいと思案中。

まだまだ素材探訪の旅は続きます。

20101113-017.jpg

嶋の家は基礎が完了。

27日(土)が上棟の予定です。

楽しみっ!




nice!(0)  コメント(0) 

アンとサンディ土を踏む! [素材]

201008010 016.jpg

先日名取の千葉大工さんの工房へアンとサンディを連れて見学へ

千葉大工さんは現在自分の家を建設中で

その壁は土壁

ってことはそりゃもう踏まないわけにはいかないっすね

ということで彼女たちも泥の中へ♪

ノリノリな二人なのだった


nice!(0)  コメント(0) 

 [素材]

20100708-2 009.jpg

先日の銀杏の木のことを教えてくださったのは

木のしごと樹々さんでした

そして樹々さんは織物の色葉工房さんからのお話だったようで

工房がうちの事務所の近くだったので

銀杏を見せてもらいながら

ついでに工房も見学させていただきました

20100708-2 010.jpg

なんとなくどんな風にできるのかは知っているつもりでしたが

間近でちゃんと見るのは初めてです

たて糸とよこ糸が複雑に

でも規則正しく織られていきます

糸の材料も様々らしいのですが

今自分の畑で試験的に綿花を育てているとのこと

いつか自分で育てた綿で織ってみたいって

おっしゃっていました

織りってすごいです


nice!(1)  コメント(0) 

素材探訪 稲井石編 [素材]

20100303 020.jpg
昨日は急遽 石を求めて石巻まで!
稲井石と呼ばれ 石碑や敷石、護岸の整備などに使われる
地元の石です
雄勝の玄昌石とは兄弟のようなものでしょうか
こんな感じで山ごと稲井石
今回お邪魔したのは『アベタ石材』さん
もうここでしか取っていないみたいですね

20100303 021.jpg
こんなでっかいものも取れるんです

20100303 025.jpg
でっかい丸のこで切断され

20100303 019.jpg
たがねで叩いて割るときれいな割肌になります
ずっと使ってみたかった稲井石
今回ようやく実現できそうです
どんな風に使われるのかお楽しみに~


nice!(0)  コメント(0) 

七北田川の砂と砂利 [素材]

20091125 009.jpg
今回は今野左官の今野さんに紹介していただいて
由利的素材探訪『砂利編』です(なんだそれ・・・)
紹介していただいたのは丸藤興業株式会社さま

写真中央で砂と砂利について熱く語り合う
丸藤興業の赤川社長と今野左官の今野さん

20091125 012.jpg
外構に敷いたり玄関ポーチの床の洗い出しに使ったりする砂利
海外のモノが多いのですが
ここのは目の前に流れる七北田川から取れる
地元の素材なわけです
これ以上明快なことはありません
ふっふっふ 早速何かに使ってみようかなぁ♪


nice!(0)  コメント(0) 

古い窓ガラス [素材]

20090708 024.jpg
古い住宅の解体現場ではこんな感じの窓ガラス
もちろん産業廃棄物になってしまうのですが
中にはとっても素敵な柄のガラスもあるのです
いつもそんなガラス達をもったいないなぁと
思っていました

20090708 032.jpg
今回 Stained Glass-Ginga さんのお力をお借りして
ちょっぴり手を加えていただきました

20090708 040.jpg
ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんが
涼しげなコースターに生まれ変わりました♪
おまけにペンダントヘッドもかわいいでしょ?

20090731 002.jpg
そのコースターは 前もって試作品を見ていただいていた
庭音さんに今日から置いていただけることになりました!
でも 庭音さん8月はお休みみたいなんですけどね(笑)
そしたらちょうどいらしていたお客さまに買っていただけたようで
本当にうれしいです

作っていただいた Stained Glass-Gingaさん
置かせていただいた 庭音さん
そしてお買い上げいただいたお客様
ほんとうにほんとうにありがとうございました
みなさまのおかげで廃材になるところだったガラスが
もう一度暮らしに戻ってこれたことを
うれしく思います

20090731 003.jpg
そして開花堂さんの茶筒も見てきました!
やっぱいいっすね
ちゃっかり銅の茶筒と茶さじをお願いしてきました
ふっふ~ん 楽しみ


nice!(1)  コメント(9) 

石倉 [素材]

20090708 013.jpg
先日 秋保石の桜井石材さんと川崎の現場視察の帰りに
石倉に案内してもらった
外はかなり蒸し暑かったのだが
中に入ると ひんやり~

20090708 020.jpg
屋根にも石上がってたんすね!
ちゃんと母屋にひっかかるように
切り欠いているんですよねぇ
しかも全部機械を使わず手で上げたっていうんだから
頭が下がります

負けないっすよ!(なににだ・・・)


nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。