So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
名取の家 ブログトップ

名取の家 お引越し [名取の家]


全面改修だった名取の家

多少残工事は残りましたが無事お引越しとなりました!

少し時間に余裕があれば見学会もしたかったところですが

引越しのスケジュールもピタピタだったので

写真も全体の雰囲気がわかるものを撮る時間がなくて・・・

部分的なものしかありませんが

ちらっとご紹介

20120326 044.jpg

今回も素材にとことんこだわっています

漆喰の壁じゃない部分には土佐和紙を貼っています


20120326 045.jpg

天井も漆喰ですが一部杉の板張り


20120326 051.jpg

浴室の出入り口の床には稲井石


20120326 052.jpg

階段の段裏は勾配なりに杉の板を張って

古い旅館の階段のようなしつらえ


20120326 055.jpg

広縁の床は唐松

時間とともに飴色に変わっていきます


20120328 003.jpg

2階階段部分手摺


20120328 005.jpg

トイレの手洗いカウンターは栗の板


20120328 007.jpg

客間の地窓

風通しがいいですね


20120328 013.jpg

リビングは栗の床板

畳はヘリ無し用の目積の畳表


20120328 016.jpg

キッチンはクリナップのオールステンレス

窓台にもステンレスを貼っています


20120328 020.jpg

玄関入って正面には小さなニッチと飾棚

床柱風の六角柱は竜眼という珍しい木です


この名取の家には11種類の木材(栗、杉、唐松、楓、桂、青森ヒバ・・・・)

3種類の石(稲井石、秋保石、玄昌石)

2種類の紙(柳生和紙、土佐和紙)

が使われています

どれも目だけでなく触って楽しめる自然素材です

これから少しづつ時間をかけて味が出て来ます

楽しいお仕事をいただいたお施主さま

そして厳しい工期にもかかわらず丁寧な仕事をしてくださった

東建設さま

ありがとうございました!


ご興味のある方は個別にご相談ください

随時ご案内させていただきます


nice!(0)  コメント(2) 

雄勝玄昌石 [名取の家]

20120205-007.jpg

今回の津波でその多くが流されてしまった雄勝の玄昌石。

昔から家の屋根や壁の仕上げ材料として使われ、

東京駅の駅舎の屋根なんかも玄昌石ですね。

今回は名取の家のトイレの床に使われます。

工業製品とちがって1枚1枚微妙に寸法が違います。

目地を揃えるために石屋さんは事前に仮置きをして寸法調整。

これがまたひと手間ですね。

今回の玄昌石は180×240mmの扁平サイズ。

あの糸井重里さんの事務所にも張られたのだそうです。

名取の家は玄関の秋保石、脱衣の稲井石、と合わせて3種類の宮城の石たちが

顔を揃えています。

生活の中に何気なく地元の素材が使われるのは

とっても素敵だなぁと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

あなたの家の階段は何段ですか? [名取の家]

20120126-2.jpg

名取の家に階段が付きました。

直階段(まっすぐ上る階段)なのに段数が20段!

私もこんなに長い階段は初めてです。

もしかしたら最初で最後になるんじゃないか

っていうぐらい長い(笑)

ささら板(両脇の板材)は20尺の1枚ものです。

現場に行くとついなでなでしてしまいます。

毎度ながら東建設さんの丁寧な仕事には頭が下がります。

ラストスパート締まっていきましょー!


nice!(0)  コメント(1) 

庇が好き。 [名取の家]

20111212 005.jpg

全面改修工事の名取の家。

1階広縁の外と2階のバルコニー(になる)部分に

庇が付きました。

20111212 003.jpg

1階は建物の東西方向3/4ぐらいにかかる

長い庇です。

玄関の下屋とも一体的に繋がります。

広縁やリビングからこの庇の垂木や野地板を眺めることができ、

夏の強い日差しをカットして

冬の陽の光を招き入れます。

工事は3月末の完成目指して奮闘中!


nice!(0)  コメント(0) 

名取の家 始動! [名取の家]

20111019 051.jpg

名取の家の改修工事が始まりました!

施工は田子の家でもお世話になった東建設さんです。

こちらも地震の影響もあって着工が遅れていました。

お施主様大変お待たせいたしました。

いよいよスタートです。

瓦屋根の立派な屋敷は63坪ほど。

屋根と骨組みと基礎を残しての前面改修です。

当時の大工さんに敬意を払いながら、

より良い住まいを目指して。



ちなみに現在内部を解体中なのですが、

中の骨組みが見えてくるとどうしてもこのまま見せたくなってしまって(笑)

構造美に見とれながらいろいろ妄想するのでした。


nice!(0)  コメント(2) 
名取の家 ブログトップ